日本マイブレス協会は「呼吸法」を通じて「愛される豊かな人生」を育みます。

コラム一覧

1 / 41234

2016年9月16日

前回は「余韻を味わうこと」についてお話ししました。   今回は「夢をリセットすること」についてお話しします。     最近、周りでよく「夢」の話をします。   夢といっても、将来こうありたい・・・というものではなく、 寝ているときに見る夢の方であります。   見た夢から、その日の運勢や傾向を見いだす夢占いだったり、   深層心理を分析する夢判断だったり、     …

2016年7月8日

前回は「リセットすること」についてお話ししました。   今回は「余韻を味わうこと」についてお話しします。     誰かと楽しい時間を過ごしたり、感動的な映画を見たり、本を読んで涙を流したり「ココロが満たされること」ってありますよね。   でも、その後に仕事などで「やらないといけないこと」が待っていると、意識がそっちに向いてしまって、感動が削がれることもあるかと思います。   もち…

2016年5月9日

前回は「呼吸と活性酸素」についてお話ししました。   今日は「リセットすること」についてお話しします。     呼吸法に限らずですが、何かを習慣化しようとしたとき、   最初はきちんとやっていたのが、ある時からなんとなくやらなくなり、やり直すきっかけを失ってしまった・・・なんて経験はありませんか?   やり直す必要がなければそれでいいのですが、やり直したいと思っているのになかなか…

2016年4月21日

前回は「呼吸と呼吸法のちがい」についてお話ししました。   今日は「呼吸と活性酸素」についてお話しします。     ごくまれに「呼吸法をすると、酸素を吸いすぎるのでガンや老化などの原因になる活性酸素が増えるのではないですか?」と聞かれることがあります。   結論から言うと、それはありません。   もしかしたら、多少の増加はあるかもしれませんが、人間の体内には多少であれば自浄するた…

2016年4月7日

前回は「リラックスする呼吸」についてお話ししました。   今日は「呼吸と呼吸法のちがい」についてお話しします。     この違いを知っておくことは、とても大切です。   まず「呼吸」は、意識しなくても、極端な話で言えば寝ていてもすることができます。   この意識しなくてもできることを、わざわざ意識して取り組もうということが「呼吸法」です。   今まで無意識でやっていたことを、…

2016年2月26日

前回は「丹田に意識を向ける」ことについてお話ししました。   今日は「リラックスする呼吸」についてお話しします。     大正時代に「岡田式呼吸静坐法」を作った岡田寅二郎という人がいまして、後に国民教育の父と言われた森信三や多くの教育者や指導者に影響を与えたと言われています。   彼は「赤ん坊の呼吸が一番理想的な呼吸だ」と言っています。   赤ん坊は、全身で波打つように息をします…

2016年2月1日

前回は「感謝の気持ち」についてお話ししました。     今日は「丹田を意識する」ことについてお話しします。     よく呼吸法で「臍下丹田(おへその下10cmぐらいのところ)」を意識しましょうと言われます。   ちなみに丹田は、下腹部の皮膚の上にあるのではなく、カラダの内側の中心部にあります。     なんで丹田に意識を向けるのかというと、そこに意識を向けると、全身の力が抜け…

2016年1月18日

前回は「目的を小さくすること」ことについてお話ししました。     今日は「感謝の気持ち」についてお話しします。     呼吸法をやっていると「自然と感謝の気持ちが沸いてきた」という方が多いです。   当たり前のようにやっている「息」が、当たり前じゃないことに気が付いたり、   見つめる呼吸を通じて、自分の内蔵や筋肉が、自分のためにがんばってくれていることに気が付いたり、  …

2016年1月4日

前回は「目的を明確にすること」ことについてお話ししました。     今日は「目的を小さくすること」についてお話しします。     何のために呼吸法をやっているのか、その目的を言葉にできない人は続きづらいよ・・・という話を前回しましたが、「目的が大きすぎる人」もしんどいですね。   たとえば、いきなり20Kg痩せたいとか、年収を10倍アップしたいとか・・・   デカイ目標を立てる…

2015年11月17日

前回は「深く吐くこと、長く吐くこと」ことについてお話ししました。     今日は「目的を明確にすること」についてお話しします。   なんとなく気持ちいいから呼吸法を続けています・・・でも、全くOKですが、多くの人はそれだと続かないですよね。   せっかくやっているからには、何かしら成果や手応えが欲しいと思うのが人情であります。     それでは、「一体どんな成果が欲しいのか?」…

1 / 41234