日本マイブレス協会は「呼吸法」を通じて「愛される豊かな人生」を育みます。

  • トップ
  • ブレスプレゼンター(講師)紹介

ブレスプレゼンター(講師)紹介

mp_083kobayashi

認定ブレスプレゼンター プロフィール 今まで私は、色々な役割を果たしながら、生きてきました。 常に、私は、母に姉だから、弟の面倒を見るのが当たり前、子どもだから親の言う事を聞くのが当然だというように言われ、娘という役を果たしてきました。 時には、母に反発した事もありましたが、私の中では、とりあえず、母の言う通りに役を演じていれば、自分で、考えなくても、楽だからという人任…

mp_069sakamoto

認定ブレスプレゼンター プロフィール 最近よく耳にする「ミドルエイジクライシス」(中年の危機)。 ミドルエイジとは「思秋期」とも言われ、40歳~60歳の人生の折り返し点で、理想と現実とのギャップで悩むことが増えてくる時期のこと。 私自身、45歳を過ぎたころから子ども達も成長し負担は減ってきたものの、子どもの将来やマイホーム、両親の病気など、今までになかった不安や心配が増…

認定ブレスプレゼンター プロフィール 私は23歳の時に奈良に来ました。 4歳からサッカーを始め、ずっと追いかけてきたJリーガーになるという夢。 地元東京を離れ、最後のチャレンジの地として奈良を選びました。 日々弱い自分と戦いながら進んできましたが、26歳の終わりの年。 翌年には選手契約をできないと告げられました。 4歳からプレーし続けた当たり前にある物が一瞬に…

mp_040sasaki

認定ブレスプレゼンター プロフィール ~大阪肛門科診療所の佐々木巌と申します~   ブレスプレゼンターの佐々木巌です。 私のポリシーは、背伸びをしないことです。 「カッコつけないのが一番カッコエエ」と信じている大阪人です。 人からは明るいと言ってもらえる私ですが、実はこれまでの半生、心の奥底で自分の存在自体をどこか疎ましく感じたり、自分の存在意義を疑問に思ったりと…

mp_056sawada

認定ブレスプレゼンター<お金の章> プロフィール 日本マイブレス協会 認定ブレスプレゼンター マインドマップ・アドバイザー 共感文章術 認定師範代 企業の社員研修設計・研修ファシリテーター ~喜びのペイフォワード~   「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。 肝心なことは、目に見えないんだよ」(『星の王子様』より) 私は、大好きなこの言葉のとお…

mp_010shigemoto

認定ブレスプレゼンター プロフィール 私の仕事は自力整体教室講師とカウンセラーです。 教室の生徒やクライエントの方々の心と体の状態を見てきた経験から、呼吸を整えると、もっと体が整い、心が整うのでないかと感じて2013年から呼吸法を学んで習慣化を始めました。 私自身50歳を目前にして、呼吸法でもっと元気になりたいという思いもありました!   倉橋竜哉先生から学んだ呼吸…

mp_008shinohara

認定ブレスプレゼンター プロフィール ~積極果敢~   今年65歳を迎える私は昭和24年生まれ。 戦後ベビーブームの最後の年の生まれであり、歳を重ねてからは団塊の世代と言われ、良くも悪くも注目される世代だ。 何事も競争率が高く、のんびり屋の私は2年間も浪人してしまった。 私の人生で唯一の停滞期だ。   何とか大学に合格し、大学ではクラブ活動に精を出した…

mp_075shimada

認定ブレスプレゼンター プロフィール 私は3人妹弟の長女。 年子の妹は母っ子、年の離れた弟は待望の長男で溺愛されそんな妹弟間で育ちました。 小さいうちから手のかからないよう決意し生きていました。 受験も高評判の高校に進学、幼児教育科短大も推薦で合格、保育実習は優秀で実習園から就職の声を頂き、両親からは何の心配もされず順風万般でした。 しかし実際は上下関係の厳しい職場で、…

mp_078shintani

認定ブレスプレゼンター プロフィール 私は、子育てが一段落した頃に、在宅でテープ起こしを請け負う仕事をする一方、週3日は自宅近くの事業所で事務員として勤務をするというダブルワークをしていました。 在宅での仕事は、自分でスケジュール調整をして仕事を進められるという利点がある一方、納期に間に合わせるために休日や夜間も関係なく仕事をすることも少なくありません。 受注と納品を繰…

mp_013suga

認定ブレスプレゼンター プロフィール 1986年京都市生まれ。 京都YMCA国際福祉専門学校、近畿大学豊岡短期大学通信学部幼児教育学科卒業。 保育士の資格取得を目指しながら、非常勤保育士として3年間勤務。 専門学生時代から活動をしていた幼児体操KAGURAも継続し、二足のわらじとなる。   「子どもはとっても可愛い。一緒にいることが何より楽しい」と感じていたが…