日本マイブレス協会は「呼吸法」を通じて「愛される豊かな人生」を育みます。

講師 : 池田 勇(Isami Ikeda)

mp_064ikeda_2

認定ブレスプレゼンター

認定ブレスプレゼンター<お金の章>

プロフィール

2007年に妻のガンが発覚して、手術をしました。

無事に成功したものの、転移を繰り返し、徐々に弱っていく姿を間近で見ていました。

自分に出来ることはすべてやったつもりです。
でも、その甲斐もなく、2011年に亡くなりました。

私はもう完全に燃え尽きてしまいました。
何もする気になれず、何も興味がなく、生きる意味すら見い出せなくなっていました。

頭では、このままではいけないということぐらいは分かっていましたが、心は全く着いていきませんでした。

こんな状態を妻が望んでいるとはとても思えないことぐらい十分わかっていました。

そこで、何かを変えるきっかけとして、以前から気になっていた「呼吸法」を始めてみることにしました。

 
本格的に始めて四ヶ月ほど経ったときに、以前から細く長く誘われていた、介護事業所の経営のオファーを受ける気持ちになってきました。

ずっとエンジニアだった私には、全く異業種です。
でも、たった一度きりの人生だし、思い切ってチャレンジしてみた方が後悔しないんじゃないか?と、そこまで思えるようになっていました。

これには自分自身が一番驚きました。
まさに呼吸法によって、私の人生は大きく変わりました。

 
転職して二ヶ月程で、経営革新計画という制度を知りました。

私は、是非、介護に呼吸法を持ち込みたいと考えて、経営革新計画の承認を得ました。

まず、認知症予防などの介護予防として、それからストレス対策として、様々な方々に呼吸法を伝えていくことに取り組んでいます。

呼吸法を通して、自分自身の人生が大きく変わったという体験や様々なことを自分自身が楽しみながら、より多くの人に呼吸法の良さを伝えていきたいと思っています。
 

ブレスプレゼントクラス

ブレスプレゼントクラスを通じて、叶えたいこと

~ひとりでも多くの人に実感してもらえるように!~
 

妻が乳がんになって、手術して治療して、治ったと思ったら転移してということを繰り返しました。

肺に転移して水が溜まると、水を抜くという対処療法しか有りません。

溜まった水が肺を圧迫するので、自力の呼吸だけでは酸素が不足します。
生まれて初めて、呼吸の重要性を意識しました。

全力で看病していたので、亡くなった後は燃え尽き症候群になってしまいました。
全てがどうでもよくて、何もやる気がせず、引きこもりがちでした。

それではいけないし、妻もそんなことを望んでいないのは頭では理解していました。

太極拳をやっていた父や僧侶の従兄弟から呼吸法の大事さを教わっていたことも背景にあり、人生を変えるんだという思いで、ブレスプレゼンター養成講座<お金の章>を思い切って受講したのが、マイブレス呼吸法との出会いです。

その後、転職をして、経営革新計画で介護と呼吸法を組み合わせるためにもう一度基本から学ぼうと考え、ブレスプレゼンター養成講座を受講しました。

 
ブレスプレゼンター養成講座<お金の章>では、プレ講座がありました。

プレ講座では、15分程度とはいえ、全く知らない受講生に対して、講師を行います。

午前中にリハーサルをおこないますが、最初は物凄く緊張していました。
でも、午後に行われた本番中になんだか楽しくなってきました。

二度目のプレ講座は、くすぐりを自分なりに入れたりして、楽しめました。
落語好きの私には、高座も講座も大好きなようです。

私は「ユニーク」ということにこだわりがあります。
アイディアを実現することがとても大好きです。

講座では、伝えるために、自分なりに工夫することがとても重要だと感じています。

毎回、受講生は、違います。
その時々に合わせて講座を進行する引き出しをたくさん備えるには、より一層の勉強が必要です。

教えるためには自分自身が一番勉強することが求められます。
学ぶことで自分自身が成長できると感じています。

 
これまで、プレ講座や、自分の会社の研修や体験講座を行ってきました。

毎回アンケートを取っていますが、その結果を読むと、緊張だったりストレスを抱えていたりと、みなさんそれぞれにお悩みを抱えていることが判ります。

少しでもストレスを抱えている人の気持ちが軽くなってもらえることを嬉しく感じます。

また、介護の世界に呼吸法を持ち込むことで、経営革新計画の承認を得ました。
会社としても新しい事業にチャレンジします。

成功すれば、会社の経営を安定させることが出来るようになります。
エンジニアから異業種へ転身の新米経営者ですが、呼吸法に会社の将来も賭けています。

経営者は、従業員の将来を担っています。責任重大です。

従業員もストレスを抱えています。
まずは、うちの従業員のストレスを取ることも、とっても重要だと考えています。

 
呼吸法には認知機能の改善効果があるという研究結果もあります。

介護予防に呼吸法は有効だと考えています。
一人でも多くの人に呼吸法の効果をきちんと伝えることで、認知症の予防につながったり、認知症の症状が改善したり、維持できることを目指します。

地域に根ざしている会社は、地域に貢献することが必要です。
介護だけでなく、呼吸法でも地域に貢献していきたいです。

 
呼吸法を学べば学ぶほど、奥が深いと感じていて、その可能性はもっともっと広がるのではないかと感じています。

その為には、一人でも多くの人が呼吸法に興味を持っていただくこと、そして一人でも多くの人が呼吸法を続けてくれることを目指します。

経営の観点からは、介護と呼吸法と言えばうちの会社と言われるようになりたいです。

従業員に、私が経営者になって良かったと思ってもらえたなら、最高に幸せです。

 

ブレスプレゼントクラスに参加される方へのメッセージ

~一歩一歩、一緒に前に進みましょう!~
 

一度しかない人生だから。
最近、そう考えることが多くなりました。

周りの雰囲気や、誰かの意見に流されていませんか?
他の誰でもない自分自身の人生をきちんと自分の意見で選んでいますか?

私は運命なんて信じない、と口では言っていました。

でも、辛いこと、うまくいかないことが続くと、どこかで誰かのせいにしたり、運命のせいにしたりしてしまっていました。
きっと、その方がその瞬間は楽だから。

妻が癌になり、4年の闘病を経て、亡くなりました。
もう、何もする気力がなくなっていました。

呼吸法を始めてから、気持ちが徐々に前向きになってきて、考え方が変わってきました。

自分自身の人生に自分で責任を持とうとしている人、責任が持てる人に私はなるんだと、強く心から思えるようになりました。

そして何かのきっかけがあれば、人は変われるんじゃないか?と考えるようになりました。

だから、今が辛くて前を向けないけど、変わっていきたいという人にこそ、呼吸法が有効だと思っています。
私は、呼吸法と出会って、救われたし、人生が変わりました。

私も呼吸法を一緒に学ぶ仲間から多大な刺激を受けています。
和気あいあいとした雰囲気の中で、切磋琢磨する仲間を持つことは、とても心強いものです。

前向きに学んでいこうとする仲間を増やしていこうと思っています。

辛いことを乗り越えられた経験を持っているからこそ、伝えられることがあると思っています。

辛い時は、うつむいて猫背になっていて、呼吸が浅くなってしまっています。
脳に酸素が行かず、思考がどんどん負のスパイラルに陥りがちです。

そんなときは、頑張って視線を上げましょう!それだけで、気持ちが少し楽になりますよ。
そうして、今こそ、呼吸法の出番なんです。

前を向いていこうと思えた瞬間から、すでに一歩踏み出せています。
一歩ずつで良いんです。
一歩一歩、一緒に前に進んでいきましょう!

 

ブレスプレゼントクラス<お金の章>

ブレスプレゼントクラス<お金の章>を通じて、叶えたいこと

~穏やかな心を一緒に手に入れよう!~
 

妻を癌で亡くしました。
四年間の治っては再発の連続の闘病生活でした。

最後は、肺に水がたまり、在宅酸素療法をするようになり、それまで全く意識していなかった、呼吸がいかに大事かということを思い知らされました。

呼吸により取り込んだ酸素が血液中にどれだけ含まれているかという指標である血中酸素濃度というものを、初めて意識するようになりました。

 
妻を亡くしたあと、子供もおらず、ひとりぼっちの生活になって、それまで全力で看病してきた反動からかすっかり燃え尽き症候群になりました。
なにもする気力も起きず、ただ時間が過ぎていきました。

自律神経が乱れ、更年期障害のような症状に悩まされました。

不眠、冷え性は特にひどく、薬に頼る日々でした。
眠剤は、弱いとすぐに起きて、強くすると昼間も眠く、だるくなるという副作用に悩まされました。

そこで体質改善して、薬から脱却しないといけないと考えました。

調べていく内に腹式呼吸が良いということを知り、試してみると、少し手が温かくなり、落ち着いた気分になれるときがありました。

調子が良いときは、やる気になりましたが、何もやる気にならない時は、全く何もできませんでした。
自己流では、すぐに壁にぶち当たってしまったのです。

 
以前から倉橋さんの「天才のヒント」は購読していて、呼吸法には、興味を持っていましたが、当時はまだ、講師になりたいとは全く考えていませんでした。

ただ、倉橋さんが呼吸法を始めてから「息づかい」を感じたという言葉が心に残っており、いつしか、きちんと習ってみたいと考えるようになりました。

まず自分が呼吸法について、学ぶことによって、安定した心を手に入れられると考えたのです。

  
会社員生活をしていると、精神疾患で休職している人が年々増え続けています。

周りにもたくさん休職したり、復職してももがいている人がいました。

休職すると体調だけでなく、経済的にも不安を抱え、それが精神疾患に拍車をかけてしまう人もたくさんいます。

でも、対策をしている人は、ほとんどいないようです。
何をして良いのか判らないというのが現状でしょう。

呼吸法によって、心の安定を手に入れること、それでお金の巡りを良くすることができれば、少しでも辛い思いをしている人を減らせること、それに寄り添えることができればと思っています。

 

ブレスプレゼントクラス<お金の章>ご参加の皆様に

~上を向いて歩こう!~
 

生きるってなんでしょう。

死ぬってなんでしょう。

真剣に考えたことはありますか?

 
命ってどうでしょう。

自分はいつまで生きていると思いますか?

それはなぜでしょう?

 
人は長いか短いかは判りませんが、必ず死にます。

私は、5年前に4年間ガンで闘病をした妻を亡くしました。
そのときは、すべてを失ったと思いました。

何もやる気にならずに死にたいと思っていました。
でも、死ねませんでした。

それは、賢明に生きようとしていた妻に対して、申し訳ないと思ったからです。

すっかり燃え尽き症候群だった私は、何もやる気がしませんでした。

でも、どこかでこんな状況じゃあ妻に申し訳ないという気持ちだけはありました。

じゃあ、これからどうしていこうかと考えたときに、きっと自分と同じ辛い気持ちを抱えている人がいるに違いないと思うようになりました。
私の経験が、悩んでいる人を救えるんじゃないかと。

いつも明るい気持ちでいられるとは限らないでしょう。
でも、そんなときでも前を向いて行くしかないんですよね。

本当なら明るくて前向きな人たちと過ごしたいと誰もが思うはずです。
でも、そんな人はそうそういないと思います。

そんなときは、決まってうつむいています。
うつむいていると自然と呼吸が浅くなっています。
脳に酸素が行かずに、マイナス思考にどんどんなっていきます。

そんな時こそ、呼吸法の出番なんです。

私はそのときにまだ呼吸法と出会っていませんでした。
でも、今は呼吸法を知りました。

上を向いて、深い呼吸をすると、自律神経を自分でコントロールすることができます。

辛い気持ちは消し去ることは出来ませんが、その気持ちを少しでも和らげることは、自分で出来るんです。

辛い状況にあっても、前を向いて歩いていこうと決めた人を一人でも救っていきたいと思っています。

少しでも前を向こうと思えるときが来たら、一緒に進みましょう。

 


開催クラス

当講師が開催しているクラスのご案内については、詳しくはこちらをご覧下さい。

>> ブレスプレゼントクラス ご案内
>> ブレスプレゼントクラス<お金の章> ご案内

講師一覧に戻る